トップイメージ
現実にパソコンの。画面の前に座り、つねに動いている市場をご覧になっていると何となく売買をしなければならないという抑えようの無い感情に駆られる方も少なくないだろう。でも、ぼんやりした衝動で売り買いをすることだけは、絶対にしてはいけません。ご覧の通り、市場は終日どういう時でもいずれかの為替相場は変化しているし、相場もいかなる時でも変化しています。だからといって、何度もトレードを積み重ねるとその分だけ損失が生じる危険が増します。言うまでもなく、エントリーの回数を経験することによって次第に勝ち負けの確率が50%、50%になっていきます。でもこの事実は「なんとなくアイデアで売り買い」とは話が異なります。トレード回数を重ねるというのは自ら「ここはいける」と直感した勝算を持った状況での取引回数を増やすという事です。何となく、のべつ幕なしエントリーを繰り返すのとはかなり異なります。相場の駆け引きに勝つためには自ずからメリハリをつけることが肝心です。「ここがチャンス」と考えた相場の時には、いっそポジションを買い増して、儲けを追い求めます。「少し難解な外国為替相場でどう上下するのか考え付かないな」と思い至った時はいっそのこと所有ポジションをひとつ残らずクローズして静観します。これくらいのメリハリをつける方が、売買は勝てます。外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。本当にその通りです。為替とは売買ポジションを所有する事が重要ではなくどの売買ポジションも持たないで待っている事も場合によっては取引です。そうであるならば、どういう場面で、休みどきなのでしょうか。第1に考えられるのが、前述したように、これから先の相場展開がはっきりと理解できない時です。そこから上がるのか下がるのか決める事が出来ない時は分からないまま行動すると、自分で書いたストーリーとは反対の方向に市場が変化してしまい損失を被る事になります。そのため、そのような時はポジションを無くしてそのままの状態で静観を決め込むのがいいでしょう。もうひとつの場面は、体の調子が悪いときです。体の状態と市場に関係ないと考える方もいるでしょうが実際には大きく影響を与えます。体の状態がすぐれなければ、外国為替相場の大切なところで冷静な決定をする事が出来ない場合があります。興味がわかない時は、市場から離れてみるのも肝心な事です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.kentwrestling.org All Rights Reserved.