トップイメージ
ここは為替市場の基礎的理由のお話をしたいと思います。為替とは何かというと「自分で現金の送付をしない場合でもお金のやり取りの行為を成し遂げるやり取り」を示します。よく為替というと大体国際為替の事を言及するという事が大半です。外為を簡潔に説明すると二国間の通貨の引き換えのことを指します。外国へ旅行(イギリス、マレーシア、米国)などしたならば、絶対に外国為替の取引の経験があると思います。銀行に行って旅行先の国の金へ交換したらまさに国際の為替という事になります。為替レートといえば、買いたいと思う人と売る側の値段を言うものです。銀行間の取引の末に決まります。その銀行がマーケットメイカーと言われる世界中で指定された複数の銀行です。為替相場は周辺からの余波を受けながらもなお継続してみるみると変化します。為替を変動させる原因とは、ファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズが示すのは経済のゆくえ、経済の基本やいろいろな要素のことを言います。国ごとの経済の上昇や景気の状況、物価の指数、無就業者数、有力者の言葉等々の事柄が影響して為替は変動して行きます。とりわけ国際収支と無就業者数は影響が大きいなのです。経常収支とは何か日本では財務省からの委任で日本銀行が輸出入統計を基にしてまとめた国外との一定期間の経済の取引を残したものです。これは行政機関や日本銀行のホームページの中で確認できます。雇用統計、失業者の数もチェックされる場合が多い要素と言われます。とりわけ米国の雇用者の統計は重要となります。月に一度公示され調査ねらいが幅の広いのがミソです。為替のレートの状況はその国の経済の状況そのものです。各国の経済の動きを把握することによって為替相場の変化の先読みができると言えるのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.kentwrestling.org All Rights Reserved.