トップイメージ
カードを店にて使う際みなさん体験があるのではないかと思うのですが担当者が不慣れなためにいったいどの明細を利用者のもとへ提示するのか迷うときがあるのではないでしょうか。というのは、クレジットを決済すると、専用端末複数枚の明細レシートというものが印字されるからであり、これらのうちどのレシートを利用者に渡すべきなのかわからないということがあります。3枚1組の利用明細について・・・複数枚の利用レシートの内容とはいかなるものかということについてまとめると下記の内容になります。1客に渡す明細レシート。2店舗控え利用レシート。3クレジットカード会社控え用レシート(サインをする紙)。通常であれば絶対利用者の方に渡す使用レシートを渡されるはずなのですが時々店舗で保管する使用レシートを利用者に対して誤って渡すような場合の他、署名した側の使用レシート自体を渡してしまった重大なミスさえもあります。このケースは時間給従業員であったりそれほどクレジットカードというものが使われない店舗などで会計する際カードを使用するとこういった店員の戸惑いが垣間見ることが出来ることでしょう。もしも店舗従業員が違う方の使用明細を提示してきた時には怒りを抑えて「こちらじゃありませんよ」と言ってあげて欲しいです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.kentwrestling.org All Rights Reserved.