トップイメージ
月刊誌の折込チラシ、スポーツ紙、繁華街に張り付けられたビラや郵便広告などで「債務の効率化します」「多重負債をまとめたくありませんか」などの宣伝を目にすることがよくあります。こういうのは、「整理屋」「買取専門屋」「紹介屋」という俗称の悪徳業者のだまし広告の場合があるということなのです。これらを使った際には破産申立の中で免責許可を受けられなくなるリスクも存在します。「整理業者」の場合広告などで借金のある人を呼び出し相当な代金を取り債務整理をしますが債務整頓はされず、借金者はより負債スパイラルに堕ちてしまう結末がすべてと予想されます。「買取専門人」の場合は負債人の借金で飛行機のチケットなどを山ほど仕入れさせ、借金者から品目を販売額の30%や半額で受け取るという手法が知られています。一時はキャッシュがもらえますがカード企業からの購入物の支払いが届き、現実には負債額を増額させる結末になります。この際はクレジットカード業者に対する詐欺行為とされて免責許諾を手に入れられません。「紹介人」というのは、サラリーマン金融から拒絶されるようになった債務者について、業者として融資は一切せずに、融通をしてもらえる違う業者を呼び出し、依頼料を出させる悪徳業者です。紹介者は高度な手続きで融資が受けられたというふうにしゃべりますが、本当のところは何もしていなくて、ただ単に選考の甘いルートを伝えているというだけです。この場合だと現実には借金額を増大させるだけです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.kentwrestling.org All Rights Reserved.